メモリの少ないせ~ごの記憶を留めておくため記録(ログ)です

スポンサーサイト  ~--/--/--(--)~

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本州最東端の旅 ~日光編~  ~2007/05/08(火)~

仙台で風呂を浴びた俺達の次なる目的地は日光。

今までの旅の経験からすると温泉の後には必ず皆爆睡モードになることは分かっている。


そんな時に運転するのはどこのどいつだ~い??



アタシだよ!!



ってことで俺の運転。

夜は俺に任せとけと言っていたまちゃおも高速に入って30分でオネンネ。


また孤独な旅が始まった。

2時を過ぎる頃になると大分俺にも睡魔が襲ってきた。
この時のブラックブラックガムの消費率はハンパなかったはずだ。

前の車のテールを見てると眠くなるから追い越す。
かといって何もなかったらなかったで退屈で眠くなる。

いい加減ヤバイと踏んだ俺。

次のPAで仮眠しようと思っていた所Fが起きてきた。


Fに運転を代わり後ろの席で仮眠を取る。

起きたらどこかの道に車が止まっていた。
ヘンな寝方をしていた為、首が痛い。

しかしどこだここは??

山道の路肩に止まっていた。



俺は気付かなかったがおっさんが車を覗いていたらしい。

車の中で5人の男が寝てたら練炭自殺と思われても仕方ない・・・。
警察に通報されなかっただけ良かったとしよう。



今日のメインは日光東照宮。

言わずと知れた日本が誇る世界遺産だ。


ちょっと今日は歴史の勉強してみようかね。

無駄に長いから興味ない人はスルーで。






【日光東照宮とは】

日光東照宮は栃木県日光市にある神社。
徳川家康を神として祀っている。

日本全国の東照宮の総本社的存在だ。
正式名称は「東照宮」だけど、他の東照宮との区別のために、
「日光東照宮」と呼ばれることが多いらしい。

去年行った「伊勢神宮」も単に「神宮」が正式名称だったから
それと同じだね。。


家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言があったからで、
家康は遺言中の一節にこんな言葉がある。

 「遺体は久能山におさめ、(中略)一周忌が過ぎたならば、
  日光山に小さな堂を建てて勧請し、神としてまつること。
  そして、八州の鎮守となろう」

家康が目指した「八州の鎮守」ってのは、「日本全土の平和の守り神」。

家康は、不動の北極星の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたらしい。

久能山ってのは静岡のいちご海岸通りから上に見えるやつだね。



軽く説明をしたところで。



いよいよ中に入ってみる。


ここが東照宮の入り口あたり。

CA370109.jpg



入り口を入ってすぐに出迎えてくれるのが『五重塔』。

CA370110.jpg

五重塔には干支が描かれていたよ。



表門には阿吽像と鼻の長い象みたいな動物が居た。
門の前でいろいろ見ていたら警備員さんが解説をしてくれた。

この門に居るのは獏で、普段は鉄を食べるらしい。
戦争が起こると武器を作る為に鉄がなくなって獏は生きれなくなってしまう。

食べるものがないから人の夢を食うようになったらしい。
しかも獏は悪夢しか食わない。

結構イイやつだったんだな獏って。



これが有名な『見ざる、言わざる、聞かざる』

CIMG5194.jpg


「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な3匹の猿は実は神厩舎に造られた8枚の内の二枚目。
8枚で猿の一生が描かれていて、ひいては人間の平和な一生の過ごし方を説いたものらしい。

[1枚目] 母親に守られた小猿の頃
[2枚目] 子どものときは悪いことを「見ザル、言わザル、聞かザル」
[3枚目] 一人立ち直前の猿。
[4枚目] 口をへの字に曲げ、大きな志を抱いて天を仰ぐ。
[5枚目] 迷い悩む仲間を励ます友がいる。
[6枚目] 恋に悩む。
[7枚目] 結婚した2匹の猿。
[8枚目] おなかの大きい猿。母親になる。


「見ざる、言わざる、聞かざる」は幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいいって教えだそうだ。



『陽明門』

CIMG5197.jpg


日光東照宮は、陰陽道に強い影響を受け、本殿前に設けられた陽明門と
その前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られているとか。

その線を真南に行けば江戸へ着くとされ、さらに主要な建物を線で結ぶと
北斗七星の配置と寸分違わぬよう設計されているという。

そのため陽明門前の写真店屋のある辺りが日本一運気の強い場所らしい。
ってことはこの写真屋はかなり儲けてるのかね?


↓の写真の10mくらい西が写真屋さんだよ。

CA370135.jpg



陽明門にいるコイツ。



東照宮は徳川家だから家紋は言わずと知れた『葵』。
でもここにいる武士の家紋は『桔梗』。

桔梗の家紋は本能寺の変で信長を撃った明智光秀の家紋。
なぜこんな所に明智家の家紋が??

一説に寄ると光秀は死んでおらず天海と言うお坊さんになって
生き延びたとうものがある。

その天海が建設に携わった日光東照宮。
そこで明智家の威厳を後世に伝えようとしたとか。

日光に「明智平」とか明智にちなんだ地名が多いのも関係あるのかも。

以上F情報。


明智光秀の重臣斎藤利三の娘が春日局。
この人は徳川家光の乳母。
春日局は明智光秀の重臣の娘だったので光秀に敬意をはらっている。

子供の名を「光秀」の「光」をつけて「家光」にしたし、
家康は自分の子に「光秀」の「秀」をとって「秀忠」という
名をつけている。

徳川家と明智家は親密な関係だったってことはこの説も強ちデマでも
ないかもしれないね。



『神輿舎』

中央が家康、右が秀吉、左が頼朝の御輿。

CIMG5198.jpg


一つの御輿が1120キロってんだから重いよね。


御輿の上には天女が3人いたよ。
何らかの意味がありそうだね。

CA370122.jpg



『唐門』

東照宮の本殿・拝殿の正門にあたり、門柱には唐木の寄せ木細工で造られた昇龍と降龍が飾られている。

CA370123.jpg



中国の故事にちなんだ彫刻も彫られていた。

CIMG5199.jpg CIMG5200.jpg




奥社入口を護る『眠り猫』

CIMG5202_edit.jpg


眠り猫の裏に居る『雀』

CIMG5207_edit.jpg



眠り猫の解釈は色々あるらしい。

猫が眠る後ろに雀が居る事から『猫が起きていれば雀は食われてしまうが、
猫も居眠りして雀も遊べるほど平和』と言う解釈。

また、耳が立っていて、獲物を狙う姿勢を取っているとも見えることから、
家康の眠る奥社をねずみ一匹通さないように見張っていると言う解釈もある。



眠り猫を過ぎて200段の階段を登ったところにあるのが『奥社』

CA370128.jpg




コレが徳ちゃん(家康)が眠っている墓

CA370129.jpg


徳ちゃんは眺めのいいところに寝むっとるね。


願いが叶う木ってのがあったからとりあえず拝んできた。
徳ちゃんお願い!

CIMG5206.jpg



勢いでオミクジを引いてみた。

背番号の8をワザワザ探して引いて見たところでたのがコレ。

CA370131.jpg



「身の程を知れ」


 家康さんっ!徳ちゃん呼ばわりしてゴメンなさいっ!!
 以後気をつけます!



この後に本殿を見学。

ここは天井一杯に龍の絵が敷き詰められていて、その一枚一枚全てが違う絵になっている。
奥の部屋には同じように鳳凰が天井一面に書かれていた。

このさらに奥は将軍以外は立ち入れない聖地のような場所らしい。
巫女さんに聞いても入ったことがないそうだ。


ココの説明をしてくれたおっさん。
どこから聞いても車掌さんにしか聞こえない。

多分普通に喋ったら訛りで聞き取れないから車掌さんみたく喋ってるんだね。

車掌さんの口調は訛りを消す為にあんなイントネーションになってるって聞いた事があるよ。



最後に見たのが『本地堂』

CA370132.jpg



ここは天井一面に描かれた15mくらいある龍の部屋があった。

『鳴龍』

22879PP046_02.jpg



ここの龍の頭の下で拍子木を打つと鈴を転がしたような音が反響する。
本当に鈴がコロコロ転がってるかのような音がした。他で打っても響かないの。

不思議!!


とりあえず「たいがー・りー」ばりにリンリンポーズしてきた。





長々と書いたけど日光を満喫してきたってことで。

今日はココまで。





  1. 2007/05/08(火) 06:00:00|
  2. 旅日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<本州最東端の旅 ~船頭さんと温泉と餃子編~ | ホーム | 本州最東端の旅 ~最東端編~ >>

コメント

徳川埋蔵金は日光東照宮にあるらしいね。
「カゴメカゴメ」の歌も関係が深いらしい・・・
  1. 2007/05/08(火) 09:22:23 |
  2. URL |
  3. きよ #-
  4. [ 編集]

日光はちょっと前に行きました。
写真で見るとやっぱり見所はいっぱいありますねー!
あの拝観料を安くしてもらえれば(^_^;)
  1. 2007/05/08(火) 22:03:53 |
  2. URL |
  3. らおう #-
  4. [ 編集]

σ( ̄。 ̄) オイラ、以前、
行ったような行ってないような・・・
  1. 2007/05/09(水) 01:48:59 |
  2. URL |
  3. larkman #-
  4. [ 編集]

>きよ
かごめかごめは天海が作った童謡みたいね。
昔、糸井重里が赤城山掘り起こしてたけど全然でなかったなぁ。

>らおうさん
ことあるごとに拝観料だもんね。
フリーパスみたいのがあればいいのにね。

>larkmanさん
遥か昔にいったんでしょうか・・・。
  1. 2007/05/09(水) 08:20:17 |
  2. URL |
  3. せ~ご #-
  4. [ 編集]

そっか~

集団で車で寝てると練炭自殺と勘違いされる
世の中になったのれすねぇ~i-240

なんともヤな世の中です。

かなりハードな旅行になりましたね!
  1. 2007/05/09(水) 10:26:28 |
  2. URL |
  3. りおん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

※リンク禁止になっています
 任意(編集/削除に使用します)
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://alu.blog43.fc2.com/tb.php/1287-13db941c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

せ~ご

Author:せ~ご

カウンター



adsence

ランキングサイト

カレンダー

最近の記事+コメント

カテゴリークラウド

経県値

ジオキャッシング

geocachinglogo.gif
View my Profile

リンク

このブログをリンクに追加する

なかのひと

RSSフィード

QRコード

QRコード

ブログ内検索



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。